本来の相続財産とは、亡くなった日に被相続人が持っていたお金に換えられる全ての財産です。

相続財産の代表的なものとして、現金・預金、土地、家屋、有価証券などがあります。
家具やテレビ、エアコン、冷蔵庫、ステレオ、テーブル、茶碗、宝石なども家庭用財産として相続財産として含まれます。

遺産に当てはまらないものがあります。
・財産分与請求権
・生活保護受給権
・身元保証債務
・扶養請求権
・受取人指定のある生命保険金
・墓地、霊廟、仏壇、仏具、神具など祭祀に関するもの
などです。

判断の難しい財産
・借家に住んでいた場合
・連帯保証人になっていた場合
・会社を運営していた場合
などがあります。

相続人間で把握出来ないこともたくさんあります。
詳しくは専門の方に相談して聞いてみることをおすすめします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。